FANDOM


Jonathan Bowers (Hedrondude あるいは Jabe とも呼ばれる。1969年11月27日、米国テキサス州のTylerで生まれる) は、アマチュアの数学者であり、「現代巨大数論の父」[1][2] と言われる巨大数研究者。クヌースの矢印表記やコンウェイのチェーン表記よりも巨大な数を生み出す、簡単な関数である配列表記を2002年に発表した。数年後に、Chris BirdJohn Spencer の助けを借りて、配列表記を一般化したBEAFを開発した。これは、急増加関数のより大きな関数の多くと、その大きさを競うものである。

Bowers は、トリトリゴラプルスなどの多くの巨大数の名前を考えた。彼が名付けた最大の数はミーミーミーロッカプーワ・ウンパであり、これが彼が名付けた中では最も有名な数である。

巨大数の研究以外では、 彼はポリトープ、すなわち高次元に拡張された多面体に関する研究で最もよく知られている。彼は伝えられるところによれば多胞体(4次元ポリトープ)に関する研究を1990年代に始め、独立に現在知られている多くの多胞体を発見し、それらに名前を与えたらしい。

Bowers は、2016年2月現在で352個の巨大数の名前を考案した。

出典 編集

  1. Bowers' personal website
  2. Saibian, Sbiis. The Astounding Work of Jonathan BowersOne to Infinity  Retrieved February 2013.

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki