Fandom

巨大数研究 Wiki

Chris Bird

549このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

Chris Bird は、Jonathan BowersBEAFの作成を手伝い、BEAFと同じようなバードの配列表記を作成したイギリスの数学者である。彼の配列表記に対する拡張は、75ページの「超巨大数の配列表記」[1] という論文にまとめられ、現代における爆発配列関数の発展を導いた。彼はまた、5変数以上の配列表記チェーン表記よりも増加速度が大きいことを証明した[2]

バードは、彼独自のバードの配列表記の階層を開発し、バッハマン・ハワード順序数[3]まで発展させた。 その後、彼は新しいバージョンを開発し、\(\psi_0(\Omega_{\omega})\)[4]に到達したとしている。さらに、2014年4月には \(\vartheta(\Omega_\Omega)\) に到達する S 関数[5]を開発した。

バードは数学で修士号を取り、アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)になったと彼のホームページに書いている。

バードの論文は Robert Munafo 氏のサーバー上でホストされていたが、2014年5月からは、最新のファイルは Chris Bird's Super Huge Numbersバード氏自身によって公開されている。

出典 編集

  1. Bird, Chris. Array Notations for Super Huge Numbers. Retrieved 2013-03-17.
  2. Bird, Chris. Proof that Bird’s Linear Array Notation with 5 or more entries goes beyond Conway’s Chained Arrow Notation. Retrieved 2013-03-17.
  3. Bird, Chris. Beyond Bird's Nested Arrays III. Retrieved 2014-07-22.
  4. Bird, Chris. Beyond Bird's Nested Arrays IV. Retrieved 2014-07-22.
  5. Bird, Chris. Beyond Bird's Nested Arrays V. Retrieved 2014-07-22.

リンク 編集

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki