Fandom

巨大数研究 Wiki

超越整数

549このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

超越整数 (transcendental integers) は、Harvey Friedman が定義した巨大数の分類である[1]

整数\(n\)が次の条件を満たすときに限り、\(n\)は超越整数であるとする。 チューリングマシン M が停止するということを、ZFCで\(2^{1000}\)個以内の記号で証明できるのであれば、必ず M は\(n\) ステップ以内で停止する。すなわち、\(n\)はZFCによる停止性の証明が\(2^{1000}\)個以内の記号でできるようないかなるチューリングマシンの停止時間よりも大きい。

性質 編集

Notion of transcendental number is meaningful iff ZFC is consistent. We will assume that in this article.

It is clear that if \(m>n\) and \(n\) is transcendental, then so is \(m\). Equivalently, transcendental integers are upwards closed, and consequently there is a smallest transcendental integer.

Friedman suspects that this kind of numbers should naturally arise in Boolean relation theory. It is very likely that transcendental integers quickly appear in Friedman's 有限約束ゲーム, because corresponding functions outgrow all provably recursive functions of SMAH, which is strong extension of ZFC. However, no specific examples of nontrivial transcendental integers are known.

出典 編集

  1. https://u.osu.edu/friedman.8/files/2014/01/EnormousInt.12pt.6_1_00-23kmig3.pdf

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki