FANDOM


膨張テトレーション(Expandotetration)は、BEAFによって \(a \{\{4\}\} b = \{a,b,4,2\} = \underbrace{a \{\{3\}\} a \{\{3\}\} \ldots \{\{3\}\} a \{\{3\}\} a}_{\text{b個のa}}\)と書かれる関数である。[1]

急増加関数では、\(f_{\omega+4}(n)\)がテトレーション膨張の増加速度となる。

擬似コード 編集

下は膨張テトレーションの擬似コードの例である。

function expandotetration(a, b):
    return hyperexpansion(a, b, 4)

function hyperexpansion(a, b, n):
    result := a
    repeat b - 1 times:
        if n = 1:
            result := hyper(a,a,result+2)
        else:
            result := hyperexpansion(a, result, n - 1)
    return result
function hyper(a, b, n):
    if n = 1:
        return a + b
    result := a
    repeat b - 1 times:
        result := hyper(a, result, n - 1)
    return result

出典 編集

  1. Array Notation by Jonathan Bowers

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki