Fandom

巨大数研究 Wiki

涅槃寂静

548このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

涅槃寂静とは、\(10^{-24}\)を意味する漢字文化圏の単位で、漢字文化圏の単位として最小の単位である。

元々は仏教用語であり、その意味は「煩悩の炎の吹き消された悟りの世界(涅槃)は、静やかな安らぎの境地(寂静)である」である。[1]

編集

  • 陽子の質量は 1.673 涅槃寂静グラムである[2]

出典編集

  1. [1]
  2. 質量の比較 (ウィキペディア)

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki