Fandom

巨大数研究 Wiki

指数表記

549このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

指数表記は、大きな数や小さな数を表記する時によく使われる数字の表記方法で、 \(x \cdot 10^y\) の形で表記する。ここで、 \(1 \leq |x| < 10\) かつ \(y \in \mathbb Z\) である[1]。一般に、 \(x\) と \(y\) を計算する式は

\(x = \frac{N}{10^{\left\lfloor log_{10} |N|\right\rfloor}}\)

\(y = \left\lfloor log_{10} |N|\right\rfloor\)

である。

0は\(0 = 0 \cdot 10^0 = 0 \cdot 10^1 = 0 \cdot 10^2 = \ldots\)といったように、\(y\)の値が定義されていない数である。 

出典 編集

  1. [1]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki