FANDOM


巨大素数 (gigantic prime) とは、1万桁以上の素数である[1]。最小の巨大素数は \(10^{9999} + 33603\)である。この言葉は、Samuel Yates が1992年に発表した論文で始めて使われた[2]

出典 編集

  1. Gigantic Prime (Mathworld)
  2. Samuel Yates (1992) "Collecting gigantic and titanic primes" Journal of Recreational Mathematics [1]

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki