FANDOM


巨大数ベイクオフ大会 (Bignum Bakeoff) とは、2001年にDavid Meows氏が開催したプログラミングコンテストである。 このコンテストの対象は、コンピューターが無限の資源(メモリと計算時間)を持つと仮定し、512文字以内(空白は含まない)で最大の数を返すCプログラムを書くことである。エントリーは急増加関数で評価づけられる。

注目に値すべき2つのエントリーとして、1つはグッドスタイン数列を応用した marxen.c (Heiner Marxen 作)、もう1つは構造の計算上の対角化を使用した loader.c (Ralph Loader 作) がある。

リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki