FANDOM


小グラハム数は、矢印表記で \(F(n) = 2 \uparrow^{n} 3\) としたときの \(F^{7}(12)\) である[1]Ronald Graham と Rothschild は、ラムゼイの定理におけるある問題の解の上限値として、この数を論文で発表した[2]Sbiis Saibian が、小グラハム数 (Little Graham) と名付けた。

グラハムが別の未公表の論文に書いた小グラハム数よりも大きな数が、マーティン・ガードナーサイエンティフィック・アメリカンにそのことを書いた[3]ことで、現在ではグラハム数として有名になった。

Robert Munafo は、小グラハム数を Graham-Rothschild 数、有名なグラハム数を Graham-Gardner 数としている[4]

出典 編集

  1. [1]
  2. Graham, R. L. and Rothschild, B. L. "Ramsey's Theorem for n-Parameter Sets." Trans. Amer. Math. Soc. 159, 257-292, 1971.
  3. Gardner, M. (1977) "Mathematical games: In which joining sets of points leads into diverse (and diverting) paths" Scientific American 237(5), 18-28. doi:10.1038/scientificamerican1177-18.
  4. [2]

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki