Fandom

巨大数研究 Wiki

リトルビッゲドン

548このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント2 シェアする

リトルビッゲドン (Little Bigeddon) は集合論の言語を拡張した巨大数である。Googology Wiki のユーザーEmlightened によって、2017年1月5日に定義された[1][2][3]。リトルビッゲドンはビッグフットよりも大きく、現在名付けられている最大の巨大数である。

定義編集

To the language of set theory we add an extra sort of variables, which is called the rank variables, which can be quantified by a designated rank quantifier \(\forall_R\), and a trinary predicate \(T\), which is the transfinitely iterated truth predicate. We then define the Little Bigeddon as the largest number \(k\) such that there is some unary formula \(\varphi\) in the language \(\mathcal L=\{\in,T\}\) of quantifier rank \(\leq 12\uparrow\uparrow 12\) such that \(\exists!a(\varphi(a))\land\varphi(k)\).

出典 編集

  1. Emlightened. Little Bigeddon
  2. Emlightened. Little Bigeddon (+MathJax)
  3. Emlightened. Little Bigeddon

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki