FANDOM


「巨大関数に超限順序数を突っ込んで巨大な順序数を作る」というのは簡単かつ効率的なやり方のように思えるが、BEAFがそうであるようにうまくいかないことが多い。このブログ記事ではFGHに超限順序数を入れたシステムについて考える。

​0~有限順序数

\(f_0({\beta})={\beta+1}\)

\(f_{\alpha+1}({\beta})=f^{\beta}_{\alpha}({\beta})\)

\(f^{\gamma+1}_{\alpha}({\beta})=f_{\alpha}(f^{\gamma}_{\alpha}({\beta}))\)

\(f^{\gamma}_{\alpha}({\beta})[n]=f^{\gamma[n]}_{\alpha}({\beta})\)


\(f_0({\omega})={\omega+1}\)

\(f_1({\omega})=f^{\omega}_0({\omega})={\omega×2}\)

\(f^{\omega}_0(f_1({\omega}))={\omega×3}\)

\(f_1(f_1({\omega}))=f^{\omega×2}_0({\omega×2})={\omega×4}\)

\(f_2({\omega})={\omega^2}\)

\(f_1(f_2({\omega}))={\omega^2×2}\)

\(f^{\omega}_1(f_2({\omega}))={\omega^3}\)

\(f_2(f_2({\omega}))={\omega^{\omega}}\)

\(f^{\omega}_1(f_2(f_2({\omega})))={\omega^{\omega+1}}\)

\(f^{\omega^2}_1(f_2(f_2({\omega})))={\omega^{\omega×2}}\)

\(f^{\omega^2×2}_1(f_2(f_2({\omega})))={\omega^{\omega×3}}\)

\(f^{\omega^3}_1(f_2(f_2({\omega})))={\omega^{\omega^2}}\)

\(f_2(f_2(f_2({\omega})))={\omega^{\omega^{\omega}}}\)

\(f_3({\omega})={\epsilon_0}={\psi}_0(0)\)

\(f^{\omega}_2(f_3({\omega}))={\epsilon_1}\)

\(f_3(f_3({\omega}))={\epsilon_{\epsilon_0}}\)

\(f_4({\omega})={\zeta_0}={\psi}_0({\Omega})\)

\(f_5({\omega})={\psi}_0({\Omega^2})\)

\(f_6({\omega})={\psi}_0({\Omega^3})\)

\(f_{n+3}({\omega})={\psi}_0({\Omega^n})\)

ここまでは英語版のブログ記事やBEAFの解析結果などと一致する。

​ω~

βが有限なら極限順序数αに対して\(f_{\alpha}({\beta})=f_{\alpha[{\beta}]}({\beta})\)とできるが、βが超限順序数の場合は\({\alpha[{\beta}]}\)という表記は定義されていない。そこで、そのような表記を形式的に導入するときにどういった性質が求められるか考える(これを考えずに\(f_{\alpha}({\beta})[n]=f_{\alpha[n]}({\beta})\)といった風に定義してしまうと\(f_{\alpha}({\omega})={\psi}_0({\Omega^{\alpha}})\)となってしまい\({\Gamma_0}\)が限界となる)。

まず、α=ωの時から考える。\({\omega[n]}=n\)とすると\({\omega[n+1]}={\omega[n]+1}\)が成り立つ。そこで、後続順序数にも成り立つとする。超限順序数の場合は\(({\omega[{\beta}]})[n]={\omega[{\beta[n]}]}\)とする。 このように定義した場合、大小関係がめちゃくちゃになってしまうので、\({\omega[{\beta}]}\)を\([{\omega},{\beta}]\)と書き換えて順序数と区別することにする。

\(f_{[0,0]}({\omega})={\omega+1}\)

\(f_{[0,1]}({\omega})={\omega×2}\)

\(f_{[0,2]}({\omega})={\omega^2}\)

\(f_{[0,3]}({\omega})={\epsilon_0}={\psi}_0(0)\)

\(f_{[0,4]}({\omega})={\zeta_0}={\psi}_0({\Omega})\)

\(f_{[0,5]}({\omega})={\psi}_0({\Omega^2})\)

\(f_{[{\omega},0]}({\omega})=f_{[{\omega},{\omega}]}({\omega})={\psi}_0({\Omega^{\omega}})\)

\(f_{[{\omega},{\omega+1}]}({\omega})=f_{[{\omega+1},{\omega}]}({\omega})={\psi}_0({\Omega^{\omega}}×{\omega})\)

\(f_{[{\omega},0]}({\omega+1})=f_{[{\omega},{\omega+1}]}({\omega+1})={\psi}_0({\Omega^{\omega}}×({\omega+1}))\)

\(f_{[{\omega},{\omega}]}(f_{\omega}({\omega+1}))={\psi}_0({\Omega^{\omega}}×({\omega+2}))\)

\(f_{[{\omega},{\omega+1}]}(f_{\omega}({\omega+1}))={\psi}_0({\Omega^{\omega}}×{\psi}_0({\Omega^{\omega}×({\omega+1})}))\)

\(f^{\omega}_{[{\omega},{\omega+1}]}({\omega+1})={\psi}_0({\Omega^{\omega+1}})\)

\(f_{[{\omega},0]}({\omega+2})={\psi}_0({\Omega^{\omega+1}}+{\Omega^{\omega}}×{\psi}_0({\Omega^{\omega+1}}+{\Omega^{\omega}}×{\psi}_0({\Omega^{\omega+1}}+{\Omega^{\omega}})))\)

\(f_{[{\omega},0]}({\omega×2})={\psi}_0({\Omega^{\omega×2}})\)

\(f_{[{\omega},0]}(f_{[{\omega},0]}({\omega}))={\psi}_0({\Omega^{{\psi}_0({\Omega^{\omega}})}})\)

\(f_{[{\omega+1},0]}({\omega})={\psi}_0({\Omega^{\Omega}})\)


ω×2以上の極限順序数を扱うには、α[β]が定義できたときにα[β+1]も定義できていればよい。この条件をクリアするためには、順序数をすべてFGHで表記すればよい。

例:

\(f_3({\omega})[{\alpha+1}]\)

\(=f_2^{\omega}({\omega})[{\alpha+1}]\)

\(=f_2^{\omega[{\alpha+1}]}({\omega})\)

\(=f_2^{\omega[{\alpha}]+1}(\omega)\)

\(=f_2(f_2^{\omega[{\alpha}]}(\omega))\)


\(f_{f_{f_{._{._.}}({\omega})}({\omega})}({\omega})={\psi}_0({\Omega_{\omega}})=f_{\Omega}({\omega})\)

​SGH

\(g_{\alpha}(n)\)は\({\alpha}\)を\({\omega}\)の関数で表したときにその関数に\(n\)を代入した数になる。

\({\epsilon_0}={\omega}↑↑{\omega} → g_{\epsilon_0}(n)=n↑↑n\)

そのため、「\({\alpha} →\) 『\(g_{\alpha}(n)\approx f_{\beta}(n)\)が成り立つ\({\beta}\)』」という変換は「\({\alpha} → f_{\alpha}({\omega})\)」の逆変換となる。

\(g_{\epsilon_0}(n)\approx f_3(n)  f_3({\omega})={\epsilon_0}\)


\(g_{\beta}(n)\approx f_{\beta}(n)\)が成り立つ\({\alpha}\)番目の順序数を表す関数を「catching function」といい、\(C({\alpha})\) と表記する。

\(C({\alpha})=f_{C({\alpha})}({\omega})\)が成り立ち、有限順序数nに対し\(C(n)=f_{\Omega×(n+1)}({\omega})\)となる。

\(f_{\alpha[n]}({\omega})=F(n)\)と表せたとき、\(f_{\alpha+1}({\omega})\)は\({\alpha \mapsto F({\alpha})}\)の最初の不動点となる。

よって、\(f_{\Omega×{\omega+1}}({\omega})=C({\Omega})\)になると思われる。

数列システム

項が大きくならず、列の複製・削除のみで計算できる数列システムは超限順序数との互換性を持たせられるらしい。

例:ベクレミシェフの虫

  • \((:{\alpha})={\alpha+1}\)
  • \((\#,0:{\alpha})=(\#:(\#:{\alpha}))\)
  • \((\#_1,\{\#_2\}^{\beta+1}:{\alpha})=(\#_1,\{\#_2\}^{\beta},\#_2:{\alpha})\)
  • \((\#_1,\{\#_2\}^{\beta}:{\alpha})[n]=(\#_1,\{\#_2\}^{\beta[n]}:{\alpha})\)
  • \((\#_1,\{\#_2\}^0:{\alpha})=(\#_1:{\alpha})\)
  • \((\#:{\alpha})=(g,\{b\}^{\alpha}:{\alpha})\)

 ※良い部分と悪い部分の決定方法はと同じ(\(\{\#\}^{\beta}\)はすべての項より大きいとする)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。