Fandom

巨大数研究 Wiki

バベルの図書館

548このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

バベルの図書館』(La biblioteca de Babel)は、ホルヘ・ルイス・ボルヘス作の『伝奇集』(1944年刊行)に収録されている短編小説である[1]

この小説の舞台となっている図書館に収められている蔵書には、次のような特徴がある。

  • 全て同じ大きさの本であり、1冊あたり410ページ、1ページあたり40行、1行あたり80文字で構成される。
  • 全ての本は22種類のアルファベット、スペース(空白)、コンマ、ピリオドの25種類の文字のみ使われている。
  • 同じ本は2度となく、蔵書の大半は意味のない文字の羅列である。タイトルと内容が食い違っている事もしばしばである。

蔵書の数編集

これらの事から、この図書館には25種類の文字を用いて410ページ以内で表現しうる全てのパターンが本として収められているだろうとされている。

そうであるとした場合、図書館に収められている全蔵書の冊数は次のように求められる。この本に含まれる文字数は、410ページ×40行×80文字=1312000文字となり、そこに25通りの文字が当てはめられるので、

\(25^{1312000}\approx1.9560399\dots\times10^{1834097}\)冊の蔵書が含まれる計算になる。

観測可能な宇宙を空間の最小単位であるプランク体積に分割しても、10185程度であることを考えると、この図書館は観測可能な宇宙よりも遥かに大きいと考えることができる。

蔵書の並べ替え編集

さらに、この図書館にある全ての本を並べ替えるパターンの総数は、

\((25^{1312000})!\approx10^{10^{1834103.6}}\)通りとなる。

しかし、英語版wikipedia[2]その他の文献[3]には、\(10^{10^{33013740}}\)というより大きな数値が掲載されており、そもそもの命題が異なっているか、あるいは算出者のミスである可能性が考えられる。

参考サイト編集

  1. バベルの図書館(Wikipedia)
  2. The Library of Babel(英語版Wikipedia)
  3. Bloch, William Goldbloom. The Unimaginable Mathematics of Borges' Library of Babel. Oxford University Press, 2008.

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki