Fandom

巨大数研究 Wiki

トリラトリ

549このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
Trilatri.jpg

トリラトリ配列の図解。黄色の括弧が3次元配列を3次元配列から分離している。この配列をAとする。赤の括弧はA配列をA配列から分離している。その結果、この配列は 3^9 = 19683 個の要素を持つ。出典

トリラトリ (trilatri) はBEAFで {3,3 (0,3) 2} すなわち {3,3 (0,0,1) 2} と等しい[1]Jonathan Bowers が名付けた。配列次元演算子を使うと、 X3X & 3 あるいは XX2 と書くことができる。ここで、X は 3 であると評価される。

近似 編集

記法 近似
バードの配列表記 \(\{3,3[1,1,2]2\}\)
連鎖E表記 \(E(3)3\#\text{^}\#\text{^}\#\#3\)
超階乗配列表記 \(3![1,[1,[1,2,2],1,2],1,3]\)
急増加関数 \(f_{\omega^{\omega^{\omega^2}}}(3)\)
ハーディー階層 \(H_{\omega^{\omega^{\omega^{\omega^2}}}}(3)\)
緩増加関数 \(g_{\vartheta(\Omega^{\Omega^{\Omega\omega}})}(3)\)


出典 編集

  1. Bowers, JonathanInfinity Scrapers. Retrieved January 2013.

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki