FANDOM


Dulatri

デュラトリ配列の図解。黄色のかっこは3次元配列と3次元配列の間を仕切っている。3^6 = 729 の要素を持つ。出典

デュラトリ (Dulatri) はBEAFで {3,3 (0,2) 2} と書かれる数である。Jonathan Bowersが名付けた[1]配列次元演算子 (&) を使うと、X2X & 3 と書くことができ、Xは3であると評価される。

Jonathan Bowers が名付けたテトレーション配列の数の中で最小の数であり、超次元配列の数の中でも最小である。

近似 編集

Notation Approximation or exact value
バードの配列表記 \(\{3,3[1,3]2\}\)
連鎖E表記 \(E(3)3\#\text{^}(\#\text{^}\#*\#\text{^}\#)3\)
超階乗配列表記 \(3![1,[1,[1,1,2],1,2],1,3]\)
急増加関数 \(f_{\omega^{\omega^{\omega 2}}}(3)\)
ハーディー階層 \(H_{\omega^{\omega^{\omega^{\omega 2}}}}(3)\)
緩成長階層 \(g_{\vartheta(\Omega^{\Omega^{\Omega+\omega}})}(3)\)

出典 編集

  1. Bowers, JonathanInfinity Scrapers. Retrieved January 2013.

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki