FANDOM


スーパークラスとは、人間が数をどのように感じるかで分けられる数の集合である。発明には貢献していないが、Robert Munafoは彼のクラスと同様にこれを造語した。スーパークラスはこのように定義される:

  • スーパークラス 1: その数は可視化できる。例えば、12。
  • スーパークラス 2: その数は可視化できないが、簡単にどのように見えるか理解できる。例えば、センティリオン
  • スーパークラス 3: その数は理解には難しいが、計算方法は可視化できる。例えば、メガ
  • スーパークラス 4: その数の計算法の可視化は出来ないが、それがどのように見えるか理解できる。例えば、モーザー数
  • スーパークラス 5: その数の計算法はとても抽象的なため、理解できない。例えば、ゴンギュラス

Robert Munafo は次の定義もした。

  • スーパークラス 0: 「動物でもわかる」数である。例えば、3。
  • スーパークラス 6: その数は大きすぎて、誰もその数を理解するのに十分な情報を得られない。例えば、ミーミーミーロッカプーワ・ウンパ

可視化や理解が出来るというものには個人差があるので、正確な数の範囲は存在しない。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki