Fandom

巨大数研究 Wiki

ふぃっしゅ数

548このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

ふぃっしゅ数は、ふぃっしゅっしゅが考案した巨大数である[1]。ふぃっしゅ数には7つのバージョンがある。海外の巨大数論で標準となっているBEAFでは、配列の次元を高次元にして、さらに次元の上の概念を考えることで巨大数を作るのに対して、ふぃっしゅ数では「関数から関数への関数」である汎函数、そしてさらに高次の写像の概念を考えることで、巨大数を作るところに特徴がある[2]

大きさの比較 編集

ふぃっしゅ数バージョン\(n\)を \(F_n\) と書く。ふぃっしゅ数の大きさを比べると、 \[F_1 < F_2 < F_3 < F_5 < F_6 < F_4 < F_7\] となる。バージョン番号は作成された順番につけられ、おおむねバージョンが大きいほど値も大きくなるが、バージョン4は計算不可能な数であり、計算可能なバージョン5と6よりも大きい。他の巨大数との大きさの比較は数の一覧を参照。

出典 編集

  1. ふぃっしゅっしゅ (2013) 『巨大数論』
  2. ふぃっしゅ数と海外の巨大数の比較

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki